介護施設 求人を探す際のポイント

転職をお考えの介護士さんや介護士への転職をお考えの方へ介護施設求人を探す際にポイントになる事をご紹介しています。

自分に合った介護士求人の見つけ方

介護施設の種類や特徴などを把握する

介護士とひとことで言っても活躍できる介護施設は様々です。

介護士の基本的な役割・仕事内容は変わりませんが、介護施設によって介護者の身体の状態や介護レベルには違いが出てきますね。

介護士へ就職・転職ができれば職場はどこでもいいという考えで就職・転職をしてしまうと後々になって後悔する事もありますので介護士への就職・転職を行う際には介護施設の種類、それぞれの介護施設の特徴などもしっかり頭に入れるようにしましょう。

そうする事で自分に合った介護士求人も見つけやすくなり、有利に求人探しを行う事ができるでしょう。

どのような介護施設があるのかをしっかり頭に入れる

介護士への就職・転職を考えた際、まずはじめにどのような介護施設があるのかをしっかり頭にいれましょう。

また、その介護施設をどのような高齢者が利用しているのかという事も把握しましょう。

介護士が活躍している主な職場は、

・老人ホーム
・デイサービス
・訪問介護

この3つの介護サービスが最も知名度があるのではないでしょうか。

多くの方が介護施設と聞くと上記の介護施設をまずはじめにイメージすると思います。

しかし、これらの介護施設の他にも、特別養護老人ホームや介護老人保健施設など上記でご紹介した3つの介護施設以外にも様々な介護施設があり、いずれの介護施設も介護士が中心になって高齢者の生活をサポートしています。

そして、上記でも述べましたが介護施設によって利用者の介護レベル等も異なってきます。

デイサービスなどでは比較的に日常生活を自分で行う事ができるくらいのレベルの介護者が利用しています。

自宅からデイサービスに通い、日常生活に必要な最低限の動作がこれ以上衰えないように他の利用者とコミュニケーションをとったり機能訓練を行なったりしています。

一方、自分一人で生活を送る事が困難な要介護者は特別養護老人ホームや介護老人保健施設を利用しています。

利用者の介護レベルが高ければ介護士にも様々な事が求められてきますね。

このように勤務する介護施設によって介護士に求められてくる事は大きく異なってきますので、就職・転職する際にはそれぞれの介護施設の特徴や利用者はどのような高齢者になるのかという事もしっかり把握する事が大切ですよ。

介護施設に求める事を明確にするという事も大切

また、自分に合った介護士求人を見つける際には自分が介護施設に求める事を明確にするという事も大切になってきます。

今の職場に不満があって転職をお考えの介護士の方もいると思います。

転職をして職場を変えても不満が解消されなければ転職をした意味がなくなってしまうので転職をする際には次の職場に求めるものを明確にしましょう。

例えば、残業がある事に不満を感じている場合は残業なしの介護士求人を探す、人間関係の問題が原因で転職をする際には次の職場には人間関係が良好だという事を求めなければいけませんね。

しかし、これらの事は実際に働いて見ないとわからない事ですよね。

いくら求人に残業なし!人間関係良好!と記載されていても実際に現場で働いて見ないとわからない事は多くあります。

こうした問題を防ぐためにも介護士業界専門の求人サイトを利用する事をおすすめします。

介護業界専門求人サイトには介護業界に精通したコンサルタントがいます。

その施設の内情に詳しかったり、離職率を知っていたり、などの役に立つ情報を持っています。

また、面接前に現場見学ができるサービスを実施している介護業界専門求人サイトもありますので就業後のニアミスを防ぐ事ができ、就業後も安心して働き続ける事ができますよ。

現在、転職をお考えの介護士の方や介護士への転職をお考えの方には介護業界専門の求人サイトを利用して自分に合った介護士求人を見つけてもらいたいと思います。